【家の中にある不要なものを捨てまくる!】本日は断捨離デー

私の母は、よく言えば物を大切にする性格で、悪く言えば物を捨てられない性格の持ち主でした。
ペットボトルや紙袋といった、いつか使うものをいつ使うかもわからず溜め込んでいました。
そんな母と一緒に暮らしていた反動か、逆に私は物を捨てなくては気がすまない性格です。
いつか使うものはその「いつか」が来たときに再度手に入れたらいい、と思っていますので、使えるものであってもポイポイ捨てていきます。
今でこそ言葉として定着した「断捨離」という行為を、私はずっと昔から行っていました。
断捨離という言葉の意味は、入ってくるいらないものを「断つ」、家にある不要なものを「捨てる」、物への執着から「離れる」という意味があります。
本日はもう袖を通すことがなくなった洋服を纏め、遊ぶことのなくなったゲーム機とCDを売却しました。
するとカラーボックスがすっかり空になったので、これでカラーボックスも捨てられるようになりました。
物が少なくなると、掃除が楽で助かります。またいらない物が溜まったら、一気に捨てていきたいと思います。脱毛ラボ無料カウンセリング