突然トイレが詰まった時に業者に頼らず自力で直す方法

ある日突然家のトイレが詰まりました。何か変なものを流した覚えもありません。業者を呼べば即解決してくれるのでしょうが、修理代って結構バカにならないんですよね。ここではその時私が家庭にあるもので対処した方法を書いていきたいと思います。まず思い当たったのはラバーカップです。一般的にはパッカンと呼ばれている代物です。しかしこのラバーカップ、便器の形状によっては使うとさらに悪化してしまうんです。使ってはいけない便器の形状は、便器の底の側面に直径3㎝ほどの小さな穴が開いているタイプのものです。この小さな穴は水を流すタンクのそこに繋がっていて、ラバーカップで押し込んだ汚水がタンクに逆流してしまう恐れがあります。実際私のトイレの便器はこのタイプでした。便器の排水部分に直接アプローチできるものでないといけないみたいです。針金のハンガーを解いて先端を排水部分に押し込んで詰まりを書き出してみたんですがイマイチ効果なしでした。先端が詰まっている部分に当たる面積が少なかったんだと思います。ええい、もう最後の手段です。割り箸と大きいビニール袋を用意しました。右手に軍手をして、その上からビニール袋で肩口までを覆い、輪ゴムで止めます。右手に割り箸を持ち便器の中に腕まで入れます。正直めちゃくちゃ抵抗がありましたが背に腹は代えられません。便器内の排水部分をゴリゴリ掻き出すと、詳しくは描けませんが、まあ色々出てきました。原因を取り除けたので無事にトイレの詰まりは解決しました。方法がかなり原始的なので抵抗のある方にはおすすめできませんが、確実にモノは取り除けるのでガッツのある方は試してみてください。キレイモ 部位